本文へスキップ

小田急線祖師ヶ谷大蔵駅前の矯正歯科専門医院です

Tel: 03-5429-0206 / E-mail: takahashikyousei@gmail.com

〒157-0072 東京都世田谷区祖師谷3-32-5(駅より徒歩1分)

治療方針policy&FAQ


Q&A よくいただくご質問/FAQ

矯正歯科って?

矯正歯科(歯列矯正)治療とは、歯の位置自体を動かして、歯並びや咬み合わせを治す方法です。
矯正器具を使用して正しい位置に歯をゆっくりと動かしていきます。
差し歯にする手法とは根本的に異なりますので、原則的に歯を削る事はありません。
当院院長による治療例はこちら

治療は痛くありませんか?

矯正器具を調整する時の痛みはほとんどありません。調整の後、数時間ほど経過すると歯根の周りにある「歯根膜」が反応して軽い痛みが生じます。具体的には「歯をかみ合わせると力が入れられないという感じ」で、これが3日間ほど続きます。
一般的に痛みは何か悪いことが起きたときに感じるものですが、矯正治療で生じる痛みは歯が動こうとする反応ですので、むしろ良いお知らせです。日常生活の中で調整可能な程度ですが、テスト期間中や旅行前などには手加減することもできます。
当院ではより痛みの少ない矯正、痛くない矯正を目指し、作用がマイルドで、かつスピーディーに歯を移動することができる矯正装置(少ない摩擦力と優しい力による矯正治療/ローフリクションシステム、形状記憶合金/超弾性ワイヤー)を用いて治療しています。
痛みが少なく、快適に治療をお受けいただくことをいつも心がけています。

歯並びを治す時期は?

歯の生え変わりや歯並びの状態、上下のあごの骨の位置と大きさなどによりもっとも適した矯正治療の開始時期があります。
歯並びの治療は早く開始すればするほど良いというわけではありません。歯並びが完成するのは思春期を経て体が大人になるころです。思春期には体の成長変化が大きく、歯列やあごの骨の形も変化しますので、あまり低年齢から治療を開始しても、かわいそうなだけで治療結果が安定しない場合があります。そのようなことが予想される場合には、治療の開始時期をあえて遅らせて、期間的にも、精神的にも、金額的にも、ご本人やご家族のご負担がより少ない形で治療することが好ましいといえます。
「早くから矯正しないと大変な事になる」、「早くから始めなければ歯を抜くことになる」などという脅しのようなコメントは客観性に乏しい場合がありますので、そのような意見をお聞きになった際にはあわてずに複数の歯科医師の意見を求めるようにして下さい。
矯正治療に関する知識は専門性があるので、すべての歯科医師が同じ意見を述べるとは限りません。日本矯正歯科学会の専門医・認定医名簿などをご参照の上、正しい診断に基づいた治療をご選択下さい。
比較的単純な不正咬合の場合には、歯の生え変わりの時期に簡単な装置を用いるだけで、問題が全て解決してしまうということもあります。その場合には、ご本人の気持ちも考えながら、治療を開始する方向で考えていきます。この場合、できるだけ痛くなく、目立ちにくく、虫歯になりにくい装置を用いて治療します。
やや複雑な不正咬合の場合には、早めにその問題を解決するメリットがある場合もあります。歯並びが悪くなることを防いだり(予防矯正)、より良い歯並びになるように導いたり(咬合誘導、咬合育成、口腔成育)しながら、成長を利用して、無理のない範囲で「必要なことのみ」を行い、体の成長が終わるころに良い歯並びを完成させるという形を取ることが理想的です。
中高校生以降で、永久歯が生えそろった状態で開始する矯正治療は、歯に「ブラケット」を取り付けて行います。この場合も、なるべく痛くなく、目立ちにくいということを考慮します。またなるべく多くの歯を生かせるように考えながら治療を行います。
特に年齢の上限はありませんが、成人の場合、歯周病や全身疾患などの問題を注意しながら治療します。
また受験、就職、結婚、出産などとの関係も含めて最も治療にふさわしい時期を考えます。
結婚準備のために矯正を開始する場合には、当日の日程に合わせた治療を調整することもできます。

治療期間は?

成長を利用して治療する低年齢のお子様では、目立ちにくく虫歯になりにくい、比較的単純な装置で、1〜2年ほどかけて土台のあごの骨の形を含めて歯並びを修正します。この場合思春期になってから仕上げをすることもあります。
すべて永久歯に生え変わっている場合には、数本の歯を部分的に治すのに数ヶ月、全体的に直すのに1〜2年ほどかけます。時には成長が止まるまでの期間の管理が必要な場合もあります。ご通院は、通常一月に1〜2回程度です。
あまり急いで短期間に過剰な力で歯を動かしてしまうと、苦痛が大きいばかりでなく、歯槽骨や歯根にダメージが生じてしまう可能性がありますので、無理のない速度を守って治療します。
歯並びが直ったあとは、年に1〜2回程の定期健診をして、メンテナンスをします。

クイック治療とは?

審美歯科や美容歯科の診療室で宣伝に使用している用語である「クイック矯正」とは、正確には矯正治療ではなく、「差し歯」の技法を応用しているケースがほとんどです。歯並び全体を数週間で移動できるわけではありませんので、歯冠を削って差し歯をはめる事により、見かけを良くします。この方法は歯根の位置を変えるわけではありませんので、本来の矯正治療とは技法が異なるものです。
当院は矯正歯科の専門医ですので、差し歯をすることなく咬み合わせや審美性を回復させます。

歯を抜くこともありますか?

私たちは、できるだけ歯を抜くことなく、なるべく多くの歯を生かせるように考えて治療を行っています。しかし、歯の数を減らした方がメリットがある場合もあります。
どんなにガタガタの歯並びでも、ほとんどの場合、歯を抜かずに全ての歯を並べることができます。ただし、もともと前歯が前方に突出して唇を自然に閉じることが難しい場合に、歯を抜かずに矯正すると、前よりもっと口元の形が悪くなったり、治療後の歯並びの安定性が得られなかったりすることが報告されています。
そのようなことが予想される時には、歯(主に小臼歯)の数を減らして治療した方が良い結果が得られます。まだ使える小臼歯を抜歯することに抵抗をお感じになることは当然です。歯の数は多い方が良いという観点から見れば、抜歯はデメリットかもしれません。しかし、正しい矯正治療を行えば、小臼歯を抜歯して矯正することのメリットはデメリットを上回ります。美しい口元の形と歯並びの長期安定性は矯正治療の必須目標だからです。
抜歯、非抜歯の判断は、歯科医師間で意見の相違が見られることがあり、両者の意見をお聞きになると混乱してしまうこともあると思います。その主な要因は、歯科医師間によって「前歯部の突出度の目標値が異なる」ことにあります。すなわち、「多少、前歯や口元が出ていても、全部の歯を並べた方が良い」と考えるか、「歯の数は減らすが、前歯や口唇を正常な位置に保つ方が良い」と考えるかという違いです。異なる意見を聞いた場合には、さらに別の専門医の意見をお聞きになるなどして、最もご自身のご希望に沿う治療が受けられる診療室をお選びになってください。
私たちの診療室では、歯を抜くか抜かないかに関して、ガタガタの度合いの他、歯の出ぐあい、口元の形、あごの骨の形、奥歯の咬み合わせの状態などとともに、ご希望の治療目標を総合的に判断して、治療をお受けになる患者さんご本人と保護者の方との話し合いにより決定しています。
正しく矯正をすれば、抜歯した隙間はすべて閉鎖し、傷も残りません。また、奥歯も前歯も正しい咬み合わせの条件に合致した状態に治療できます。

どんな器具で治療しますか?

永久歯がまだ生えそろっていない小児には、歯の内側を通ったり、昼間ははずしたりできるなど、なるべく目立たず虫歯になりにくい単純な装置(小児矯正装置、咬合育成装置、床矯正装置、舌側弧線装置、機能的顎矯正装置など)を使います。
永久歯が生えそろってからは、歯の表面または裏面に「ブラケット」を取り付けて治療します(マルチブラケット装置)。
表側の装置で使用する「ブラケット」は透明なセラミック製のものを使用し、なるべく器具が目立たないように工夫します。
歯の裏側(舌側)に「ブラケット」を取り付けてまったく見えないように治療することもできます(リンガル矯正、舌側矯正、裏側矯正))。人に気づかれず歯並びを治したい方にはおすすめです。
「ブラケット」は歯に接着するだけですから、治療終了後には専用の器具で簡単に取り外せ、跡は残りません。

治療が終わった後、元に戻ったりしませんか?

歯の周りの骨や歯肉、唇や舌などの筋肉は、元の状態を憶えていますので、一度歯並びが直っても油断すると歯は元の方向に戻ろうとします。これを防ぐには「保定装置(リテーナー)」を使用します。
保定装置には取り外しのできるものと歯に取り付けてしまうものがありますが、目立たなく、装着が楽で、清掃がしやすいものを使用します。
治療終了時の良好な状態を保つためにはやや長め期間の使用が望ましいのですが、歯並びが落ち着いてきたら夜寝ているときだけつけるなど日常生活にまったく問題ないように工夫できます。そして、定期健診をしばらく続ける中で、いつまで保定装置をつけるかを話し合いで決めていきます。
矯正治療で大切なことは、良好な治療結果をいかに長く保つかということです。そのためには、定期的に歯石や歯の着色をとったり、虫歯や歯周病になっていないかをチェックする必要もあります。
なお、矯正治療の完成度と「戻りやすさ」とは関係があります。特に、無理な拡大治療を受けた歯列は、装置を付けているうちは一見治っているように見えても安定性に欠けます。
またあまり早くから矯正を始めても、思春期の成長時には歯並びもあごの骨も形を大きく変えますので、安定した歯列が得にくい場合があります。矯正の治療開始時期は歯科医師によって様々なコメントが述べられることがありますが、歯列の完成時の状態を意識した治療開始時期を選択することが望ましいと思います。
また、奥歯も前歯も正しく咬合し、あごの関節と筋肉との調和が取れている状態を得ることが歯列の長期安定性を得る鍵です。

矯正以外の歯科治療は?

虫歯などの矯正以外の歯科治療はかかりつけの歯科医院に依頼します。かかりつけがない場合には近隣もしくはお住まいの近くの良心的な歯科医院をご紹介します。健康な歯並びが得られるように歯科医院間で連絡を取り合い、一つのチームとして治療します。また虫歯にならないように歯磨きの仕方を当院で練習します。
虫歯も入れ歯も矯正もできる歯科医院よりも一見不便そうですが、私たちはあえて歯並びとかみ合わせの治療に特化した矯正歯科の専門医院としての体制をとることにより、診療の質を保つよう努力しています。

治療の相談をするには?

当院では矯正の無料カウンセリングを実施しています。
ご来院の際はお手数ですが診療カレンダーをご参照のうえ、メールまたは電話にてご連絡下さい。メールでご予約いただく場合には、ご希望の曜日と時間帯をお知らせ下されば折り返しご連絡いたします。 電話の場合には直接ご予約いただけますが、不在の場合にはメッセージをお残し下さい。
矯正の無料カウンセリングでは、お口の状態を拝見した上で、予想される治療内容、ふさわしい開始時期、使用器具、治療期間、費用などについて具体的にわかりやすくご説明します。
一般的に、矯正治療は一刻を争うような緊急性がありませんので、じっくりとお考えになってから、ご納得の上で治療を開始するほうが良い結果が得られます。
当院では、治療を始めるかどうかを決めていただく前に、治療費の総額をお伝えするとともに、治療の進め方、装置、期間などを詳しくご説明します。なお、お支払いは、治療期間内なら無利息で分割払いや月払いも可能です。
インターネットあるいはマスコミ上では様々な情報が混在しており、ご自身に合った診療室をお選びになることは容易ではないかもしれません。矯正は歯科医師間における技術の差が大きい分野であるにもかかわらず、治療期間が比較的長いために、ご相談の際あるいは、治療が始まってもしばらくの間は、その違いがわかりにくいという性質があります。少しご面倒かもしれませんが、できれば複数の診療室にご相談になり、広く情報をお集めになることをお勧めします。このような観点からも私たちは矯正歯科の無料カウンセリングを行っています。

治療費は?

数本の歯だけを修正すればよい場合と、全部の歯を並べかえなければならない場合とでは、治療費が異なります。私たちは常により高品質な治療を、より安心な費用で提供できるように努力しています。
治療を受けるかどうかを決めていただく前に治療費の総額を提示し、使用する装置、治療期間を詳しく説明しますので、ご納得のいくまでご質問下さるようお願いいたします。お支払いは治療期間内なら無利息で分割や月払いも可能です。(詳しい料金表はこちら。
また、医療費控除が適用され、還付金を受け取ることができる場合があります。手続きなどの詳細はスタッフにお尋ねください。

治療を担当するのは誰?

当院では矯正歯科治療を高橋治(日本矯正歯科学会認定医・専門医・指導医)が、口腔筋機能療法を高橋未哉子(IAOM認定口腔筋機能療法士)が自ら担当し、代診による治療を行っておりません。いつも同じ担当者が診療を行いますので、治療の一貫性を保っています。